松川レピヤン/製品案内/織ネーム・織ワッペン 越前織のお守り・織ネーム・モバイル(携帯)クリーナー・かおり袋の製作/株式会社松川レピヤン

製品案内
圧倒的な織数で、
繊細な写真や図柄を
正確に表現します。

平織/サンプル&詳細お見積フォーム

基本的にタテ糸、ヨコ糸が同じ割合(1本1本交互になって)で織りあげる手法です。
薄手でマットな感じになり、一般的に割安な織り方となります。
カジュアルな物の用途に利用されることが多いですが、レトロな感じを出したい時にもお勧めです。
織り方も白経、黒経をベースに、平地、ベタ、三綾、杉綾などがありデザインによって対応できます。


◆織密度の表記について
・通常密度 1cm間の糸密度が約30回~40回程度の織り密度
・高密度 1cm間の糸密度が約50回~60回程度の織り密度
・超高密度 1cm間の糸密度が約70回~100回程度の織り密度
●サンプル H-1 「幅25mm」
(平地 通常密度)

■白経
■地糸(赤)紋糸(白)

■白経
■地糸(白)紋糸(紺)

■黒経
■地糸(黒)紋糸(白)
※基本的な平地になります。タテ糸とヨコ糸が交互に織重なっているので、地色の表現はタテ糸の色に大きく左右されます。風合いは硬めで、摩擦などに強いといった特徴を持っています。
●サンプル H-2 「幅25mm」
(平 3綾 通常密度)

■白経
■地糸(赤)紋糸(白)

■白経
■地糸(白)紋糸(紺)

■黒経
■地糸(黒)紋糸(白)
※タテ糸が斜めに交わって織る織り方です。(タテ糸2対1の割合)平地よりタテ糸が表に出る比率が多い為、地糸の色は出にくくなります。柔軟な風合いでシワがよりにくいなどの特徴があります。
●サンプル H-3 「幅25mm」
(平 3裏綾 通常密度)

■白経
■地糸(赤)紋糸(白)

■白経
■地糸(白)紋糸(紺)

■黒経
■地糸(黒)紋糸(白)
※H-2の組織が逆になった織り方です。(タテ糸1対2)通常綾より表に出るタテ糸の比率が低い為、地糸の色が出やすくなります。
●サンプル H-4 「幅25mm」
(平 8枚ベタ 通常密度)

■白経
■地糸(赤)ベタ(赤)紋糸(白)

■白経
地糸(白)ベタ(白)紋糸(紺)

■黒経
■地糸(茶)ベタ(茶)紋糸(黒)
※「ベタ」とは地糸の上にベタの糸(ヨコ糸)を出して、ヨコ糸の色が表に出るように織る織り方です。
●サンプル H-5 「幅25mm」
(平 杉綾ベタ 通常密度)

■白経
■地糸(赤)ベタ(赤)紋糸(白)

■白経
■地糸(白)ベタ(白)紋糸(紺)

■黒経
■地糸(茶)ベタ(茶)紋糸(黒)
※綾とはタテ糸で斜紋を表現する織り方です。
●サンプル H-6 「幅25mm」
(平 3綾ベタ 通常密度)

■白経
■地糸(赤)ベタ(赤)紋糸(白)

■白経
■地糸(白)ベタ(白)紋糸(紺)

■黒経
■地糸(黒)ベタ(黒)紋糸(白)
※H-5と同じくタテ糸で斜紋を表現した織り方で、綾織の一般的な模様になります。よく知られている物で、ジーンズなども綾織(4綾)の組織で織られています。
●サンプル H-7 「幅25mm」
(平 高密度 8枚ベタ)

■白経
■地糸(赤)ベタ(赤)紋糸(白)

■白経
■地糸(白)ベタ(白)紋糸(紺)

■黒経
■地糸(黒)ベタ(黒)紋糸(白)
●サンプル H-8 「幅25mm」
(平 高密度 5枚ベタ)

■白経
■地糸(赤)ベタ(赤)紋糸(白)

■白経
■地糸(白)ベタ(白)紋糸(紺)

■黒経
■地糸(黒)ベタ(黒)紋糸(白)
※ヨコ糸の密度を高くし、表現力を高めた織方です。
●サンプル H-9 「幅25mm」
(平 高密度 打込75回)

■白経
■地糸(赤)紋糸(白)

■白経
■地糸(白)紋糸(紺)

■黒経
■地糸(茶)紋糸(白)
※H-8より密度が高くなり、表現力がUPします
●サンプル H-10 「幅25mm」
(平 超高密度 打込90回)

■白経
■地糸(赤)紋糸(白)

■白経
■地糸(白)紋糸(紺)

■黒経
■地糸(茶)紋糸(白)
※H-9より更に密度を高くし、タテ糸が見えないぐらいの密度で織った織り方です。
ページトップへ